製品案内

光マルチテスタ:製品画像

光計測器・制御器

光マルチテスタ

OMTシリーズ

  • パワーセンサ、波長モニタ、アッテネータ、光スイッチ対応
  • 用途に合わせて自由にカスタマイズ
  • パワーを測定しながら未知の波長も測定可能
パワー測定波長測定アッテネータ光スイッチアナログ出力タッチパネルリモート制御GPIBEthernet

光マルチテスタ「OMTシリーズ」は光通信用基本測定器であり、光パワーセンサ、光アッテネータ、光スイッチを用途に合わせて自由に組み合わせて使用できます。リモート制御用インターフェースはGPIBとEthernetを標準で装備しており、お手持ちの計測器と組合せて生産ラインなどでの自動測定も容易に構築することが可能です。

アプリケーション

  • 光デバイス、光通信装置の各種測定・評価
  • 光製品検査の自動測定システム
  • 光学実験
  • 挿入損失測定

特性

メインフレーム

 リモート制御インターフェースにGP-IBとEthernetを標準で装備しており、お手持ちの測定器などとの自動測定も簡単に構築することが可能です。また、タッチパネルでの使用も可能で、容易に各種設定が可能です。 オプションで19インチ ラックマウントキットもございます。

光マルチテスタ:特性(1)

パワーセンサユニット

 パワーセンサユニットには各チャンネルごとにアナログ出力用コネクタ(OMT1330/1331はSMBコネクタ、OMT1360はBNCコネクタ)付属しており、光入力パワーに対応した電圧が出力されます。ご用途によって様々なアプリケーションに対応可能です。  波長モニタ付パワーセンサユニットは波長モニタ機能をセンサヘッドに内蔵し、未知の波長の光でも設定を行うことなくパワー測定を行う事が可能です。光パワー測定と同時に波長測定も自動的に行われ作業効率向上に貢献できます。 

光マルチテスタ:特性(2)

光アッテネータユニット

波長範囲を1260~1630nmまでカバーし、最大減衰量60dB、設定分解能0.01dB対応の光アッテネータユニットです。最大入力パワー+23dBmで、パワーモニタユニットや光スイッチユニットと合わせてお使い頂くことで、各種測定・検査システムの構築、自動化などより便利に使用可能です。

光マルチテスタ:特性(3)

光スイッチユニット

光スイッチユニットは、挿入損失Typ. 0.9 dB以下の低挿入損失光スイッチです。各種ポート数を取揃えており、様々な用途にご使用頂くことが可能です。コネクタアダプタも自由に組合せ可能ですので、お気軽にご相談ください。

光マルチテスタ:特性(4)

オーダリングインフォメーション

光マルチテスタ:オーダリングインフォメーション

オプション

  • パワーセンサユニット追加コネクタアダプタ (FC , SC , LC)
  • ラックマウントキット (RMT-010)
  • ブランクパネル (BKP-011)

カタログがご希望の方、ご不明な点など、お気軽にお問合わせください。

お問合わせ.png

PAGE TOP